敏感肌とファンデーション

・敏感肌とは?
肌の水分不足で肌が乾燥して刺激に弱くなり、ニキビなどのトラブルが起こりやすい肌を指します。
大半の人が乾燥が原因で敏感肌に移行しています。なので、乾燥する状態をスキンケアなどで避けることで症状を軽くできます。

 

敏感肌でファンデーションをすると肌が荒れてしまうという方も多いのではないでしょうか?
そこで、敏感肌の方でも使えるファンデーションはどんなものか調べてみました。

 

・何もつけないのは避ける
ファンデーションが肌に負担をかけてしまっていることは事実ですが、実は何もつけない方が肌に負担をかけてしまうため、何もつけないというのも避けましょう。

 

何もつけずにいると、紫外線を直接浴びてしまいます。ファンデーションには、UVカット機能が入っていないものでも、紫外線防止効果の役目があるため、ファンデーションを塗っているだけで、紫外線から肌を守ることができます。紫外線防止の面では、パウダーの方が紫外線を防げます。

 

炎症が起きるとバリア機能も低下してきて、肌荒れが悪くなったり、なかなか肌質が良くなかったりもしますので、使っていなかった方は慎重にパッチテストなどをしてお肌に合ったものを探し、使用してみましょう。

 

・リキッドファンデーションとクリームファンデーションは使わない
両方とも液状になっていてカバー力が強いため、肌に強い負担が掛かります。
液状のファンデーションには油分が多く含まれており、さらにその油分を保つために防腐剤などの添加物も多めに配合されています。

 

ベースメイクのアイテムの中で一番肌に負担が掛かりにくいのが「フェイスパウダー」と「ミネラルファンデーション」です。フェイスパウダーには油分が含まれておらず、休日などに適しています。ミネラルファンデーションは、天然ミネラル成分でできており、肌に一番負担をきたすクレンジングを使わずに、石けんや洗顔料だけで落とせることも特徴です。

 

肌へのフィット感の面では、リキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションの方が軽いので敏感肌の人にはパウダータイプのほうが適しています。